依存症という病気にかかっていた

ギャンブルに依存する人は性格の問題として今までは片付けられていました。 しかし今ではギャンブル依存症は精神疾患として認められています。 ギャンブル依存症の定義というのはギャンブルをやめられなくなる症状のことを指すのですが、仕事をしていても頭の中が賭け事でいっぱいになってしまったり、賭けをしなければ精神的に落ち着かなくなってしまうなども指します。 薬物の中毒とは違い、体にはそれほど影響を及ぼすものではないのですが、場合によってはかなり大きな問題を引き起こしてしまいます。 まだ自分のお小遣いの範囲内ですれば問題はありませんが、そのうち生活費にまで手を出すようになってしまったり、借金をしてまでギャンブルをする羽目になります。 そうして知らない間に生活が破たんしてしまうのです。 友達や親戚などからお金を借りた場合にはその人たちからの信頼を失ってしまいます。 お金も人望も両方失ってしまうのです。 場合によってはギャンブルをしたいがために犯罪に走ってしまうこともあるので決して軽視することができません。 また、この症状になる要因なのですが、日ごろストレスを抱えていてその時にたまたま賭け事をして精神的に充実した感覚を得られた場合にはその感覚が癖になって何度も繰り返してしまいます。 負けた場合にはその負けの不快感を取り戻すために再び賭けを行うのです。 そして負のスパイラルによっていつまでも抜け出せなくなってしまいます。 病気を解決するため方法ですが、心療内科の方に通って治療をすることが大事です。完全に賭け事ができないような状況の中で過ごす必要があります。 しかし治療の途中でギャンブルをしてしまい、またふりだしになることもありますし、一度完治してもまた再発してしまうことも少なくありません。 ですので一番いいのは病気にかかる前にそもそもギャンブルをしないというのが一番です。 あと何か悩み事があるときには極力しないようにしてください。

更新情報・お知らせ