やめる意志はあるけど・・

2014/06/20

パチンコやパチスロなどのギャンブルは競馬や競艇、競輪などと違い、手軽にどこでも出来るので、酒やタバコと同じように、知らないうちに依存症に陥りやすい傾向にあります。この様なギャンブルへの依存は性格の弱さや未熟さ、本人のやめる意志の無さなど本人に対しての脂質の無さが依存してしまう原因として認識されてきましたが、最近では精神疾患として捉えられるようになっています。この様な依存症から抜け出すには様々な方法がありますが、まずこの状況が病的であるということを自覚することからのスタートになり、自分のギャンブルに対してのやめる意志は、無力だと言う事を認識することが必要で、ギャンブル依存症にかかってしまったと思うことによって、気持ちが少し楽になります。その他に手元に余計なお金を置かない習慣を身につけ、給料やボーナスなどは、解約しないと降ろせない、定期預金や財形に貯蓄をして、生活がぎりぎり出来る生活費だけを手元に置くようにすることが大事です。